MawaLog

一日一日を大切に、楽しく生きる。技術と音楽が好き。

8月8日 今日はガス抜きが必要になり漫喫に行く

今日は、午前中仕事をしながら、家族の負傷疑惑の整形外科の受診。11時くらいに行ったら2時間待ち。混んでた。結局2時間以上待ったと思う。14時30分くらいに呼ばれて、まあなんともないことを確認。いい先生だったからそれは救い。

家事が多すぎるのでちょっと頭が爆発気味ながら、仕事もしなければいけない。銀行は15時にしまってしまうので、振込とか記帳とかそういうのを片付けて、ちょこちょこ仕事を済ませる。でも通院の影響が大きすぎてはかどらず、夕方。

気分転換第一選択は2種類最近用意しており、①近所のドトールでボーっとする。②趣味のバイオリンの練習である。自分としてはストリートギターのような感じで気軽に弾いている部分があるのだが、しかしバイオリンはイメージがなんだか予想以上に高貴に思われがちなので、そのせいか家族の目がある状態で弾くとなんだか余裕っぽい雰囲気になりがちなので、気にしいの自分としては今日のように余裕ない日は余裕ないのに余裕ありそうにするので逆にストレスがたまり。今日はもう夕方だし、バイオリンも30分くらい今取り組んでいるビブラート基礎などガリガリ練習したのはしたが精神荒廃改善せず。

そして、頭が完全にイカれたので、夕方から家族に行先も告げずに放浪の旅に出る。行先を告げると自由が満喫できないので意味がないのである。と、いうことでちょっと適当に好きなメニューの夕飯を一人で食べ、漫画喫茶で読みたかった漫画を読んだ。

代紋TAKE2という漫画を最近よく読んでいる。

このクライマックスのテロリストとやくざの闘うシリーズの結末がとても気になっていたので、それを漫喫で一気に読んだ。面白かった。気になっていた結末だったのでスッキリ。

結構北野武アウトレイジとかも最新作以外は見ていたりと任侠系ストーリーは結構読んでる気がする。自分が中高生の頃は速攻の拓とか、カメレオンとか不良もの漫画が流行っていたので、アウトローものが受容しやすいのかもしれない。と、言っても最近の流行りの作品も昔よりホラー色強かったりして暴力を題材とした漫画のコンテンツは実は過激化しているのかもしれない。やくざものでもウシジマくんとか面白いけど、結構グロいよね。 自分は一部のホラー映画みたいにただグロいのはあんまり見たくないので。ウシジマくんがギリギリ、自分のメンタルが元気めなときに読めるくらい。とか言っても幽遊白書とか、寄生獣とかだと全巻読めるし大丈夫だったり・・・最近の作品ではグロそうだからという理由でまだ読んだことない作品結構ある。

それからシュークリームを食べながら30分くらいぶらぶら歩いたらスッキリしてきた。家族や友達との共同生活では、自分の場合どうしてもガス抜きで一人になる時間が必要になることを再確認した。理由は、なんでかはわからない。人間って不思議だなと思う。でもたぶん同じ空間に居続けなければいけないような火星の基地暮らしは自分には相当大変そうな気がした。