まわ

勉強したことや遊びのこと

herokuのデプロイ時のよく使うコマンドまとめ

Heroku: Up and Running

Heroku: Up and Running

  • 作者: Neil Middleton,Richard Schneeman
  • 出版社/メーカー: Oreilly & Associates Inc
  • 発売日: 2013/11/24
  • メディア: ペーパーバック
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る

コメント

herokuでDjangoをデプロイする際の初期コマンドは割りと共通していたのでメモで残しておく。

コマンドメモ

#以下は全て@rootディレクトリ
#(manage.pyやProcFileがあるディレクトリ)


#herokuが動くか確認
$ heroku --version

#gitを初期化
$git init

#gitのpush準備(普段のgithubと同じ)
$git add .
$git commit -m "deploy start"

#ここからheroku特有。
#herokuにアプリ環境をひとつ登録
$heroku create

#herokuに作ったアプリ環境に
#git commitの内容をpush
$git push heroku master

#pushしただけだと、migrateは行われないので
#コマンドで行うことが出来る
$heroku run python manage.py migrate

#スーパーユーザーもつくる
$heroku run python manage.py createsuperuser

#ここから独自ドメインの設定
お名前.comなどのdomain registerにてcname設置後

#herokuにも登録ドメインを登録
#これは以下のコマンドでOK
$heroku domains:add www.example.com

#ドメイン登録されたか確認可能
#herokuコンソールでも確認可能
$ heroku domains