まわ

勉強したことや遊びのこと

開発日誌: Unity::アドベンチャー3Dゲーム開発vol.2::Haloで光る球に衝突判定を実装する

f:id:k_mawa:20180130232622j:plain

手順1:球を用意します

これは、GameObjectから3DのSphereをつくります。置くとこんな感じ。 f:id:k_mawa:20180131000431j:plain

手順2:Haloを付加して光らせます

下記のように選んで属性を付与します f:id:k_mawa:20180131000529j:plain

手順3:Trrainにタグ付けします

衝突判定で、Terrainに衝突した判定でTrueを返しちゃうと、球に当たったときはじめて発動ができないので、このようにタグをつけてC#スクリプトでFlaseになるように仕込みます。 f:id:k_mawa:20180131001005j:plain

コードは、以下をEthanに新規C#スクリプトとしてくっつけます

using UnityEngine.SceneManagement;

public class collision : MonoBehaviour {

  (略)

    void OnCollisionEnter(Collision other)
    {
        if (other.gameObject.tag != "Terrain") #衝突したのが地形じゃなかったら、
        {
            Debug.Log("hit");
            SceneManager.LoadScene("main"); #初期画面シーンに戻る。
        }
    }
}

手順4:操作テスト

無事、球に当たったらログがでて元に戻りましたね。

手順5:球を増やしてよりゲームっぽく

単に増やしただけです。ゲームっぽいなーという感慨・・・ f:id:k_mawa:20180130232622j:plain

参考にさせていただいた書籍、記事

qiita.com