Mawa Town

Mawaという人が作る小さな町でMawaTownです。技術と音楽が好き。

Raspbian(RaspberryPi)でvirtualenvを導入したときのメモ

f:id:k_mawa:20180106030033j:plain

Raspbian(RaspberryPi)でvirtualenvを導入

Python(Python3)をいじるのにラズパイでもvirtualenvを導入してみた。MacOSXとはほとんど変わらない。

環境など

  • ラズパイ2タイプB
  • python2.7.9(OSインストール時のデフォルト)
  • python3.4.2(OSインストール時のデフォルト)

手順

[1]とりあえずvirtualenvをpipでインストール

[ユーザー名]:~ $ sudo pip3 install virtualenv
Downloading/unpacking virtualenv
  Downloading virtualenv-15.1.0-py2.py3-none-any.whl (1.8MB): 1.8MB downloaded
Installing collected packages: virtualenv
Successfully installed virtualenv
Cleaning up...

うまくできた。一応確認。

[ユーザー名]:~ $ pip3 freeze
(中略)
virtualenv==15.1.0 #←入ってるね!
(以下略)

では仮想環境にするためのディレクトリをつくる。今回は"py3env"としておいた。

[ユーザー名]:~ $ mkdir py3env
[ユーザー名]:~ $ ls
py3env  ダウンロード  テンプレート  デスクトップ  ドキュメント  ビデオ  音楽  画像  公開

Raspbianはなぜか日本語ディレクトリで、MacOSXの英語表記と違うね。

では、仮想環境構築しよう。

[ユーザー名]:~ $ cd py3env/
[ユーザー名]:~/py3env $ ls
[ユーザー名]:~/py3env $ virtualenv .
Using base prefix '/usr'
New python executable in /home/[ユーザー名]/py3env/bin/python3
Also creating executable in /home/[ユーザー名]/py3env/bin/python
Installing setuptools, pip, wheel...done.

できた。下記のように4つの文字列がlsであればOK

$ ls
bin  include  lib  pip-selfcheck.json

仮想環境に移行してみる

$ source ./bin/activate
(py3env) [ユーザー名]:~/py3env $

できた。